FC2ブログ
2011-11-17

輝元が可愛すぎて生きるのが辛い

からい!
じゃなかった、つらい!

昼休みにパラパラ読んでた輝元(宗瑞)→広正(広家嫡子・輝元婿)への書状。
もう輝元が可愛いのなんのって……!

「暇があればちょっとおいで。今待ってるから」
「昼くらいにおいでね。広家にもそう言っとくからね。
 昨日は具合が悪かったみたいだけど、今日はきっと良くなっているでしょう」
「明日の朝おいで。広家にも言っておくから」
「時間があればこっちにおいで。待ってるよ」
「昨日は来てくれて嬉しかったよ」
「明日の朝、ご飯食べにおいで。待ってるよ」
「さっき来てくれたみたいだけど、会えなかったね。明日はそっちに行くから」
「珍しい物じゃないけど、これあげる」

といった書状が、そりゃもう大量にwww
どんだけ婿さんが好きなのかとw
他国との外交ではなかなか実を結ばなかったようだけど、輝元の懐こさはパネエな。
もしかして身内限定なのだろうか。

そしてこれらの瑣末な書状を後生大事に取っておく広正もまたかわゆい。
きっとお舅さん大好きだったんだろうなぁ。
まあ大好きでも、頻繁に呼び出されててかわいそうと思ったりもw
あと、書状を届けるお使いの人も激しく乙!!!

そういえば、どこかの戦陣で元春さんも元就に再三呼び出されてたっけ。
なんというデジャヴュwww

なんていうか、ホントにここん家大好きすぎてニヤニヤしっぱなしなんだけどどうしよう。

まだまだ、関ヶ原の役近辺のスパイ大作戦みたいな切羽詰った書状も読みたいし、
大好きな熊谷さんとか益田さんとかも気になりすぎる。
あと、広家に殉死したという森脇さんとか。
いつになったら「陰徳記」に戻る気になるんだろう……
まあ、当ブログにお越しいただいている人も多くはないので、追々充実させていきます。
スポンサーサイト



検索フォーム
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
訪問者数