FC2ブログ
2011-12-06

隆元おに……お姉ちゃん?

昨日に続いて今日も日付が変わる前に帰れそうにないんだぜ。
これだから年の瀬ってキライさ。
年始もキライさ。松前漬と昆布巻は好きだけど。
と、休憩時間に毒づきつつカキコ。

またまた隆元の書状。
いいじゃねえか。癒されたいんだよ。
今回は隆景宛。山口下向のちょっと前っぽい。

●毛利隆元自筆書状
宛先:隆景


「山口への下向が近くなってきたね。きっと忙しくしているだろうと察します。
 このことを聞いてからすぐに言うべきだったんだけど、取り乱していて遅くなりました。
 ごめんね(口惜候)。今揃えた物を送ります。

 一、弓袋、笠袋、以上二つ

 一、ふさ一かけ。これは見苦しいけど、急なことで、
   こういう運びになるとは思わなかったんだよ。しかしながら、まずご祝儀です。

 一、この反物二つあげます。
   こういうのは内刑に相談したほうがいいんだろうけど、
   あれこれ言ってもどうかと思うので、とりあえず。
   これは内刑と一緒に見てみて、納得がいけば仕付をすべてやってから眺めてみなさい。
   その上で、また山口で江美にいろいろと尋ねてみるといいよ。
   重ね重ね、仕付中に何度か着てみて眺めてみないとダメだよ。覚えておいてね。
   あまりにこまごましたことを言うようだけど、
   残念なことに会えなかったから言っておく。まあ許してくれ。
   江美へは兼重を遣わすといいと思う。
   内刑と相談して、是非来てくださるようにと伝えさせなさい。

 一、何事であっても、元就・元春と頻繁に日夜集まって話し合いなさい。

 一、興禅寺も下向するので、内外ともに話し合うといいよ。
   お屋形様の座中であっても西堂は役に立つだろうから、
   こちらの意図をよくよく相談しておくんだよ。
   官務殿(小槻伊治)・一忍けん(持明院基規)にも言っておく。

 一、何事もめでたく調えられて、早々のご上国をお待ちしてます。
   言いたいことはたくさんあるけど筆には尽くしがたい。ではおめでとう。
   恐々謹言

 二月九日        隆元(花押)
 
 重ね重ね、お屋形様の座中のことが肝心だからね。かしく」


以上、テキトー訳。

うん、なんていうかな。
隆元、実はお兄ちゃんじゃなくてお姉ちゃんだろ。
もしくはお母さんだろ。
「服の生地あげるから仕立てて着てみて、周りの人にちゃんと見てもらうんだよ?」
ってアンタ、お兄ちゃんはよう言わんわ~。
そんでもって毎度細かいwww

それとな、やっぱ義隆好みの生地(きっとおそらく)贈ったり
「お座敷でちゃんとしなさいね」なんて念押してみたり、
やっぱ毛利家として、色仕掛けで義隆転がそうとしてたんかなぁ。
隆元も積極的に協力してるし。
肯定的にも否定的にも評価はしないけど、現代人としてはやっぱり、
なんか何とも言えない気持ちになるなぁ。

まあいい。
若い弟のこと心配してワタワタしてる隆元かわいいよ隆元。

よし、もうちょい残業がんばろう。
スポンサーサイト



検索フォーム
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問者数