FC2ブログ
2012-07-11

一方そのころ輝元は

だいたいの流れ:
九州立花の城を取り囲んだ中国勢は、援軍に送られてきた大友の大軍と小競り合いを繰り返していた。
今回は、じゃあそのとき輝元は何をやっていたか、というところ。


元就朝臣・輝元朝臣、長府へ下向のこと

さて大友宗麟は、自身は豊州にいながらにして、立花表には、
弟の柳川左近・田原重忍を大将として、侍大将には戸次道雪などを差し向けていた。
大友勢は数万騎で寄せ手の毛利勢をくるくると取り巻いた。
中国勢は味方を引き入れようにも方法がなく、進んで戦うには敵が猛勢すぎて太刀打ちできない。

その知らせが届くと、輝元様は「こうして自分だけ吉田にいるのも後ろめたい」と考え、
すぐに長門の国府へと下向してきて、谷の長福寺に滞在した。
またその後潮音寺へと移り、九州表の味方がさらに難局に陥ったときには
さらに兵を掻き集めて味方のもとへ駆けつけようと奔走していた。

こうしたところへ、立花表から長府へと、五月十八日に討ち取った首級五百あまりが送られてきたので、
輝元様は「戦の首尾はいいようだ。九州退治は後退してはいない」と、ひとかたならず喜んで、
使者に褒美を与えた。
こうして長府に陣営を構えて様子を見守った。

このころ、内藤左衛門佐隆春の郎党の勝間田土佐守という者が長府に居を構えていたが、
ここへと大友から「元就・輝元を討ち取ってくれれば、
防長両国のうちで所領を望みのままに宛行おう」とひそかに言い送ってきた。
土佐守はすぐに使者を捕らえると、書状を刺し添えて差し出したので、
忠勤の至りであるとして、やがて加増された。
その使者は首を刎ねられ、獄門にかけられた。


以上、テキトー訳。

短いけど今日はこれにて。次の章が長いので、一緒には載せられんのよ。

そういえば輝元は、初陣の後は、この次の年(元亀元年)の出雲出陣まで、
戦に出た記録が見つからなかった。
少なくとも、大日本史料のデータベースをさらっと検索した限りでは、だけど(手抜き)。
立花陣でも、渡海はしてないもんね。
この間は、後継者教育とかをビッチリされてたのかなぁ。

おそらくこの永禄12年に、輝元は元春に対して、次の戦には自分も出馬したいという手紙を送ってたと思う。
ちょっと健気な感じがして好きだ。
尾崎局から出陣している輝元への手紙に「爺さまが会いたいって言ってる」
などと書いてあったりするので、元就が手元から離したがらなかったんじゃないかと憶測。

というか、この直前あたりの話って、私読んでたっけ……?
いや、まだだった。義久の降伏あたりだけ拾い読みしたんだったな。
益田家に興味が湧いてきたので、尼子義久降参後の出雲・石見平定あたりも近々きちんと読みたい。

でもしばらくこのまま次の章を読んでいきます。
次章はいよいよ! 七難八苦のあのカリスマが登場するよ!!!
スポンサーサイト



2012-07-11

元長の雄姿

昨夜は書きかけで華麗に寝落ちしてしまったので、朝の更新www
ダメ人間度が増している昨今……_ノ乙(.ン、)_

さて陰徳記、これまでのあらすじ:
立花城を取り巻いて攻め寄せる毛利勢に背後から攻め寄る後詰の大友勢。
激しい戦いが続くなか、吉川衆も大活躍を見せて難局を乗り切っていく。
今回もその続きから。


五月十八日の合戦のこと(3)

また高野山入道の陣へは、元長様が粥を煮させて水と一緒に送っておいたので、
兵たちは皆粥を飲んで力を回復し、水で火矢を消して防ぎ戦った。
最終的に敵を追い払うと、敵の退却する後を追って、山の麓で手負いの者数百人の首を取って、
吉川・小早川両将の実検に臨んだ。両将は、「高野山の振る舞いは最高にすばらしい」と褒め称えた。

熊谷の陣には、佐伯・臼杵といった者たちが攻め寄せてきたが、
どちらも九州では屈指の強さを誇る侍大将だったので、
先陣が引いてくれば下知を下して押し返しながら切り込んでくる。
このままでは危ないというとき、熊谷伊豆守の三男、三須兵部少輔が、
足軽たちが鉄砲を撃っているのを見て、自分の陣が撃ちだす鉄砲はというと、
矢間から撃ち出す者は敵の鉄砲を恐れて首を矢間の下に隠し、手だけを上げて、
敵がどこにいるかもわからないまま撃っている。
また塀から外に出て撃っている者を見ると、鉄砲を頬に当てる者はなく、
皆腰だめにして撃っていたので、なかなか敵に命中しない。
三須は「私が撃って見せるから、これを手本にして撃て」と、足軽が持っていた鉄砲を奪い取って、
連続して四、五回撃って見せた。

ここで、誰かはわからないがおそらく一軍の大将だろうと思われる武者が一人、
団扇を持って下知して駆け回っていた。
三須はこれをよく狙ってドッと撃つ。
その弾はその武者の胸板を貫通し、武者はうつ伏せに倒れた。
この武者はよほど大切な者だったのか、その手勢たちは武者を肩に担いで退却していった。

宍戸の陣も敵にしきりに攻め立てられていたが、隆家はなかなかの勇士だったので、
下知に駆け回り、手勢の郎党たちの深瀬・末兼・奥垣・佐々部たちも身命を惜しまずに防戦したので、
豊後勢もこの陣を破ることができなかった。

こうして戦っているときに、もし後詰の敵と城中の兵たちが合流すれば一大事になると考えて、
両将は「城からの道に堀を作り柵を結い回せ。
しかし城から矢が届く距離で散々に射られてしまうだろうから、
堀を切ることができなければ誰かを置いておけ」と命じた。
桂上総介は元春に向かい、「お手勢の森脇市郎右衛門が適任ではないでしょうか」と申し入れる。
元春は「では」と森脇を呼び寄せ、このことを下知すると、
市郎右衛門はすぐに了承して、足軽数百人を連れてその場所に向かった。
すると案の定、城から散々に射掛けてくる。
しかし市郎右衛門はまったく意に介さず、道を掘り切り柵を二重に結い回して帰ってきた。

さて、後詰の勢は寄せ手の陣を破ることができずに、仕方なく引き上げていったが、
今日の合戦で勝利を得ることができなかったのを口惜しく思ったのか、また引き返してきた。
申の刻になって、小早川衆の椋梨次郎左衛門の陣に無二に切りかかってくる。
これを見て、浦兵部丞宗勝・坂新五左衛門・乃美少輔五郎・山田源五郎・豊嶋九郎右衛門が打って出ると、
敵はこの昼の負け戦の験を直そうと勇んで進んできた矢先だったので、
難なく突き立てられて柵際まで押し込まれ、この陣が危なく見えた。
吉田衆の材間越前守、小早川衆の末永源六郎・裳懸六郎・田中源七はここを破られてなるものかと
必死に戦ったものの、枕を並べて討ち死にした。
敵はさらに勝ちに乗って攻め入ってきて、味方は突き立てられ右往左往して退却した。

元長様はこれを見て、ここは自分の手を砕かなければ打開できないと考え、
手勢五百余騎を率い、藤の丸に三ツ引両の旗を夕暮れの風にたなびかせ、椋梨の陣へと向かっていく。
ここに、突き立てられて逃げてくる味方が雪崩れかかってきたので、
元長は井上五郎右衛門という者を遣わして、
「味方が利を失ったと見える。吉川元長が椋梨の陣へと、馳せ向かっている。
退却する者たちは、せめて道を空けてくれ」と呼びかけさせた。
これを聞いて多くの者は立ち止まった。

豊後勢がさらに進んで、柵の木を切り破って乗り込んでこようとするところに、
「吉川治部少輔元長である」と名乗り、五百余騎をひとまとめにして、
自らが先頭に立ち一直線に進んでいく。
宮庄・今田・桂・粟屋・香川・伊志・小坂・森脇・境・朝枝も、皆我先にと、身命を惜しまず突きかかった。

豊後勢も勝ち誇った勢いに乗って無手と渡り合い、しばらくの間は戦っていたものの、
新手の猛将・精鋭にかないようもなく、山の麓へとさっと引いていった。
味方は後を追おうとしたけれども目的は果たせず、
元長は百歩も進まないうちに「もう戻ってこい」と兵を引き上げさせた。
隆景をはじめとして、「元長の行動は立派である」と大いに褒め称えたので、
中国八ヶ国の武士たちも皆、称美しない者はなかった。

なかでも杉原播磨守盛重と三沢三郎左衛門は陣を並べて据え、
どちらも城を攻めていたので後詰の敵との合戦には参加していなかったが、
盛重が三沢に向かってこう言ったそうだ。
「それにしても、元就様の勇機智謀が三代も引き継がれるとは恐れ入った。
元長の今日の行動を見るにつけても、毛利家の武運は、
たとえ元就様が老いて死んでしまわれたとしても、なおいや増しに隆盛するだろう。
なぜなら輝元が良将の器だからだ。
また一族の元長がこのような人物であれば、私の予測は外れるわけがない。
私のような国人衆が傍から見ているだけでも、なんという勇将の振る舞いかと好もしく思う。
元春も親の身であるのだから、どんなにか嬉しくお思いだろうか」

盛重がこう語ると、為清も「私も本当にそう思う」と言って、
二人一緒に元長の本陣へと向かっていたところ、道でちょうど元長と行き会った。
元長様は緋縅の鎧を着けていたが、夕日に輝き渡って、まるであたりの景色を霞ませるかのようだ。
魯陽が夕日を三度呼び戻したという故事もこのようなものだったと思えるほどに勇壮な姿だった。
杉原が「なんと勇ましい強将ぶりでしょう」と正面から褒め称えると、
元長様も気分よさそうに本陣へと引き揚げていく。
その後、祖父の元就様もこの合戦の様子を聞いて大いに喜び、
すぐに近習の者を使いに立てて、左文字の御太刀や寒梅という駿馬などを贈ったという。


以上、テキトー訳。この章はおしまい。

びええぇぇぇぇ元長かっこいいいぃぃぃぃぃぃぃ!!!
惚れてまうやろおぉぉぉぉぉぉ!!!
そして隆景をはじめこの絶賛ぶりである。満足。

この戦いは「多々良浜の戦い」と呼ばれて、実際は毛利が敗軍したらしいけど、
いいんです、元長がかっこよければそれでいいんです!
小早川衆も宍戸さんもそれなりに活躍してるし、ちょっとホッとしたw

個人的に熊谷さんちの鉄砲隊が面白すぎる。
鉄砲の撃ち方がなってなくて注意されるとかw まじwww
実戦で使う前に一通り指導しとけよというwww
しかも「このままでは危ない」って段階になってからかい!とツッコミたくなるわ。
お茶目な人たちだなぁ(*´∇`*)
これは熊谷氏sageではなく、三須の活躍シーンだと思うね。

さて次章は、九州でこうした戦いを繰り広げているころの元就たちの様子ですぞ。
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数