FC2ブログ
2018-04-12

帰還報告

私事ながら、腹切ってきまして、退院いたしました。
祝杯を上げたいところだが「まだ駄目」ってことなので、ノンアル飲料で我慢さ。
これからしばらく、出血で失われたヘモグロビンを補填することに注力します。
燃えあがれ、おれの造血細胞!!

小笠原騒動の続きは、元春夫妻の経言宛てお手紙読もうと思う。
いま途中まで進めてるけど、意味不明な個所の多さに躓きまくっています。
でもしばらく仕事はお休みだから、ここぞとばかりに没頭してやるぜ、ヒャッホ~~~~!
スポンサーサイト



2018-04-02

経言小笠原入嗣騒動考⑤

しばらく更新しませんでしたが、今後も2週間くらいできなくなる見込み……
ちょっと入院してきます。はっはっは、私もついに切腹ですよ。
はやく退院できるといいなぁ。

さて、輝元の剣幕に鬱入ったところで、今度は元春側の様子を見ていこう。
天正9年6月3日の輝元書状(③にてテキトー訳)を受けた吉川家の反応は?


●吉川元春自筆書状(吉川家文書 1225)

   元 まいる御返事申給へ     駿河 元春

去る五日の書状、同月の七日に到着し、拝見した。
吉田(輝元)からの御書もつぶさに読んだ。
実に驚いてしまった。なんという御文体だろうか。

(輝元から)私にも同様の通達があったので、その御書を書き写し、
大蔵に託しておまえに届けさせようとしていたところだった。
そちら(元長は伯耆八橋に在陣)にも御書が遣わされたのだな。
こちら(新庄)に届けてくれたので、よく読んだ。

お前や私としては最初から、吉田の裁定に背いてでも
あの家(小笠原)との養子縁組を結ぼうなどとは、微塵も考えていないというのに。
吉田のお疑い、あの書かれようはいったいどうしたことなのか、
まったくどうしようもない。

ここで申し開きをしようものなら、かえって吉田に反抗する形になってしまう。
まずはとにかくご命令に従って、そのうえで調整しなおすのがよいと思う。

このことを経言(広家)に申し聞かせたところ……想像してみてほしい。
内(元春夫人)と私の膝元に(経言を)引き据えて説明した。
あの者(経言)は非常にがっかりした様子で当然ながら腹を立てた。
あれこれと言ってなだめたのだが、(経言は)
「ぜひ一緒に河本まで行って引き破ってしまいましょう」などと言うのだ。

私たち夫婦ではどうにもしようがなかったわけだが、
そこにお前が香彦を遣わして申し送ってくれた。
お前が深く考えてくれたことは、少しも外れていなかった。
実にこちらの現状に合っていたので、経言もその方向で納得したし、
気分も和らいだようで、鳥取に出張することに決まった。

そのあらましを大蔵に言い含めてある。
内々にお伝えする。 恐々謹言

   (天正九年)六月十一日     元春(花押)
     元長 御返事申給へ

それにしても、お前の考えがぴたりと当たった。
今回、経言は強硬に主張していたが、(お前のおかげで)態度が軟化した。
吉田と我が家の関係が左右されるほどのことなので、
いろいろ推量してみてほしい。森太に言付けておく。

●吉川元春、同元棟(元氏)、同経言(広家)連署状(吉川家文書 1226)

例の件について、吉田からの御書を拝見した。
あまりの文面に、じつに驚いた。
申し開きをしたいところだが、このようなときにはそうもいかない。
とにかくご命令に従い、当方からの反論は控えることにする。
そのことについて、森太に詳しく言いう含めておく
それではまた。恐々謹言

   (天正九年)六月十一日     元春(花押)
     元長 御返事申給へ     経言(花押)
                       元棟(花押)

以上、テキトー訳。

各自の反応は、だいたい下の通りだろうか。

経言=輝元の裁定に非常にショックを受け、反乱を起こそうとするほど激昂した。
元春=輝元の剣幕に驚きはしたが命令に従おうとした。
     また経言の過激な反応に対処しようとするも、どうにもできない。
元長=輝元からの通達をすみやかに元春に知らせ、自分の考えを伝えた。

元長がいちばん冷静に動いてんな。
いや、この当時の元長書状がないからそう見えるだけかもしれんけど。
元長はこのとき、伯耆の八橋に駐屯してるんだよね。
対して元春・経言・元棟は、新庄に帰っている、という状況。

元長が使者の香彦(香川彦右衛門?)を遣わして考えと伝えてくれたことで、
経言が納得し、態度が軟化した、という状況が見えるので、
私はこの件については、元長がキーマンだと思うのですよ。
いったいどんな考えだったのかは、この文面からはわからないけれども、
経言の鳥取出張を提案したことだけは読み取れるね。

さて、いつになるかわからないけれど、次回は、
時系列をいったん整理するか、元春夫婦から経言あての教訓状を読んでみたいと思います。

んじゃ、ちょっくら腹切ってくるわ。
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
訪問者数