--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-14

広家の初陣@児童向け読み物

章の途中で別の話を挟むのは気が引けるけど、
先日発見した80年ほど前の小学校の教科書に載っていた広家の話が
ものすごーーーーーーく可愛かったので、今日はそちらをご紹介。
堪え性がないとは私のことだ。フヒヒ☆サーセン_ノ乙(.ン、)_

ほとんど訳す必要がないので、旧仮名遣いを現代様式に改めたり、
送り仮名や表記を整えるにとどめてお送りしますぜ。
手抜きwww


初陣~十歳でたって出陣をのぞんだ吉川広家

元亀・天正のころは、日本国中、あっちでも戦、こっちでも合戦という、
勇ましくもまたさわがしい時代でありました。
その元亀元年正月、吉川元春は、出雲の尼子氏を攻めることになりました。
いよいよ出陣ということに決まると、その子で、やっと十歳になったばかりの又次郎が、
父の元春のところにやってきて、
「私も戦に連れていってください。一方のさきがけをいたします」
と、健気にも頼みました。

元春は、又次郎の勇気のあるのを喜びましたが、十の子供では、手足まといにこそなれ、
戦の役には立たないと思いましたので、
「お前はなかなか偉い。けれども、戦場はどうしてどうして恐ろしいところだよ。
お前はまだ小さいから、恐ろしい戦場へ出て働くことは、とてもできるものではない。
まあまあ、もう三四年まっていなさい」
といって許してくださいませんでした。

「戦場で一人前の働きができるかできぬか、行ってみなくてはおわかりにならないではございませんか。
私は、きっとできると思います。ぜひ連れていってください」
押し返してお頼みしましたけれども、元春は笑っていて、どうしても許しません。

又次郎は、それが不平でなりませんでした。
どうしても、諦めきれませんので、今度は兄の元長に
「どうか兄さんの軍勢の中に入れて、連れていってください」とお願いしました。
元長は、悪いことではないと思いましたが、
父さんのお許しのないものを、勝手に連れてゆくわけにはゆかないと思い、
どうしたらよいか、母さんにご相談いたしました。

これを聞かれた母さんは、さすがは名ある武士の女だけあって、たいそう腹を立てられて、申されました。
「弓矢とる家に生まれた子は、小さくて竹馬や破魔弓の遊びに気をとられているときでも、
なだめたりすかしたりしてまで、戦場に連れてゆくが当たり前ではございませぬか?
それを、そのように自分から進んで出陣したがっているものを、
わざと押しとどめて、望みをかなえさせてやらないというのは、
どういうお考えでございますか、私にはとんとお心がわかりませぬ。
けれども、武士の子の教えかたというものは、そういうものではなかろうと存じます。
…………ぜひとも、又次郎に華々しい初陣をさせてやってくださいと、
お前からよく父さんに申しなさい」

元長も、母さんのおっしゃることがもっともだと思いまして、その通り父さんに申し上げました。
「母も兄も当人も、そろってその気ならば、差し支えはあるまい」
というので、元春もようよう許してくださいました。

元亀元年正月十六日、とって十歳の又次郎は美々しい小桜縅の鎧きて、
意気揚々と初陣の門出をしたのでございます。

それから数々の戦いに手柄を立て、元春・元長が続いてなくなった後は、
名も広家と改めて吉川家の跡取りとなり、秀吉時代の名高い大名となりました。


以上。
『三年生の修身』(学校家庭学年別模範児童文庫) / 安島健 等編[他] (大阪宝文館, 1930) P159~164

これは近代デジタルライブラリーで公開されているので、
気になる場合はアクセスしてみてください。
児童向けの簡単な挿絵もあってかわいい(*´∇`*)
小学生の道徳の授業でこのお話が読まれていたなんて……!
「父さん」「母さん」「兄さん」て呼び方もかわいいよおおぉぉぉぉぉ!

この内容をツイッターで呟いたら、フォロワーさんから返ってきた反応が
「母ちゃんかっこいい!」多数だった。広家の話なのにwww でも私もそう思う。
新庄局……熊谷家の武闘派っぷりパネェwww
他の武将にもこうした逸話はあるだろうに、あえて広家をチョイスしてくれた筆者の方に
畏敬の念を禁じえない、とのご指摘もありまった。
うん、そうですね……ホントありがてえ(*;∇;*)
吉川家の家族の絆は日の本一やでぇ~~~~!

ツイッターといえば、最近ものすごい奇跡を体験したかもしれない……
別の話なので続きに書きますw


ツイッター上の奇跡

その① 「末長」

私が気になっていたのは、関ヶ原の戦い以降に、広家に対して書状を送っている
黒田家臣の「末長良味」という人物。
小早川家の家臣団に「末長」の名字の人がいたので、
黒田が播磨時代から召抱えていたなら地理的に小早川家臣の親戚か、
そうでなければ、小早川家から黒田家に転職した人かもしれないと呟く。

黒田クラスタのフォロワーさんはそもそも「末長」に心当たりがないとの返事。

約10時間後、小早川家臣団を調べているフォロワーさんから連絡が。
末長良味は、小早川隆景の側近だった末長景直のことだと判明したと!!!
関ヶ原の戦いの後に毛利家を離れ、名を変え、黒田長政に召抱えられたとわかった。

私は「黒田家臣の末長良味」と小早川の関係がわからず、
フォロワーさんは「小早川家臣の末長景直」が毛利関係の資料から名を消した後の消息を追っていた。
三人寄れば文殊の知恵ではないけれど、それぞれの持っている疑問が重なり合って何かがわかる、
まるで奇跡みたいな出来事だった。


その② 「ちよ熊」

前述の、小早川家臣を追跡中のフォロワーさんから、広家が「ちよ熊」と署名している書状があるとの連絡が。
堅田元慶関連の書状らしい。
私は広家が「ちよ熊」と名乗っているのを見たことがないので、
息子の広正が幼名を「長熊」といったと思い出し、広正のことだと思うと返信。

しかし書中に広正が「美濃守」として話題にされているとのこと。
私の推測はあっけなく否定される。
私は「ちよ熊」は宛名ではないかと推測。

フォロワーさんが再度図書館で大日本史料を調べたところ、やはり差出人の署名が
「きくら人(吉蔵人=吉川蔵人) ちよ熊(広家の花押)」で、
「ちよ熊」の注釈に「吉川広家」とあった、との報告。
さらに堅田元慶の妻(益田元祥の娘、広家にとっては姪)宛の書状らしい。
また、問題の書状の原文画像がweb上で見られるとの追加情報も。

画像を確認すると、たしかに「ちよ○」と読める署名。
なおかつ同データベースのテキストでも「ちよ熊」が吉川広家であるとの注釈を確認。
完全お手上げ状態。しかしどうも腑に落ちない。

画像をじっくり眺めていると、翻刻では「熊」とされている文字がどうしても「熊」に見えない。
もしかしたら「券」ではないのかと推測。
「ちよ券」であれば、ぢょ券=如券(広家の剃髪後の名)で納得できる。
しかし崩し字の知識がないので、確かめようがないとツイッターで騒ぐ。

すると別のフォロワーさんから、同データベースの「くずし字字典」を参照してみたら、との指摘が。
これで検索した「熊」の崩し字と問題の署名画像を対照した結果、
「熊」ではありえないとの結論に達する。
どちらかというと「券」と読めるが、画像の文字の下半分は花押によって潰れているので、断定できない。

これを当初のフォロワーさんに報告すると、そのフォロワーさんも同じ手段で確認し、
「熊」ではないということで合意。
おそらく翻刻者の誤りであろうと結論した。

というわけで、様々な人間がそれぞれの情報を持ち寄り、また一つ明らかになったことがあった……
情報の重要性としては取るに足らないことかもしれないけど、
この流れは感動せずにおらりょうか。

何が言いたいかっていうと、人とのつながりって、すごいね!!!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

末永良昧の記

ふとしたきっかけから、小早川隆景の旧臣の一人、末長七郎左衛門景直(良昧)と子孫の行方が見えてきたので、今回はこれを紹介してみます。 その情報を掴むきっかけとなった奇跡的

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すいません。
不粋な事を申します。
なんというか、この教科書を読まされた子供達とお母さんのその後の運命を思うと切なくなりました。
勿論広家は純粋に可愛いのですが、新庄局が出征していく息子に万歳する母親と重なって、ちょっと目の汗が・・・
日本が軍国主義に走る中でお母さんはどんな思いでこの話を聞いていたのでしょうか。
『戦国時代』は好きですが『戦争』は二度と起こって欲しくないものです。

末長さんの事を教えて下さったフォロアさんは、『伊予の戦国史』のサイトを書かれている方ですね。
小早川について調べる時、よくお世話になります。
あの方のリサーチ凄いですよね。
といきん様とのリツイートでアマチュアさんだと知ってビックリしました(てっきり本業の方と思ってたので)。
皆さん本当によく勉強されてて、凄いわあ(汗)

Re: タイトルなし

ちえのわ様

うーん、軍国主義云々に関しては、戦後教育で培われた現在の一方的な価値観で
戦前のことを処断するのもどうかと思うので、なんとも表現しづらいのですが、
とりあえずこの話の伝えたいことは、
幼くとも家や周囲の人間の役に立とうっていう志が大事だよ、ということではないでしょうか。
その気持ちや努力を認めてくれる人は必ずいるよ、と。
児童に対して直接的に自発的な出征を促すものではないと思います。
思想は転変するものですから、自分の持っている価値観や倫理観を一旦脱ぎ捨ててみるのが、
こうした話を読むときには、重要なことかもしれません。

フォロワーさんたちにはいろいろ教えていただいて、本当に頭が下がります。
どこであのタフネスと情熱と情報処理力を養っているんでしょうね……
我が身を振り返ると溜息しか出ませんw

↑コメでは逸話に関係ない事で妙な発言をしてしまい、申し訳ありませんでした。
さぞかしご不快な思いをされたと思います。
今思えば、どうかしていたのだと思います。
本当にすいません。

それから、前回は黒田家譜の情報をありがとうございました。
一部びっくりさせられる内容もりましたが、分かりやすい文章の上、書状の引用も多く出ていて、とても読みやすかったです。
特に九州征伐と朝鮮出兵の流れはとても勉強になりました。
また、面白い資料があれば紹介してください。

Re: タイトルなし

ちえのわ様

Σ(゚Д゚)
いえいえ、不快な思いなどしていないので、そんなにかしこまらないでください~~~!
人それぞれ色んな見方があるのだな、と改めて感じました。
私はどちらかというと戦争肯定派なので(といっても戦争をガンガンやれというのではなく、
外交手段の一つとして「戦争」も視野に入れておいた方がいい、という程度)、
コメントでは配慮に欠けておりました。こちらこそすみませんでした。

黒田家譜読まれたんですね!
私はまだチラ見しただけでして、追い追い読んでいきたいです。
読みたいものばかりが積み上がっていって、笑うしかないですな Ψ(`∀´)Ψャヶ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。