FC2ブログ
2012-07-21

大友・尼子タッグ!

今日は短いやつ二本立て!
じりじりと、宿命の対決が始まろうとしているよ!
イイネ:+*゚。(`・∀・´)。゚*+:


真木宗右衛門のこと

山中鹿介が京都にいる間に、大友金吾入道宗麟へと飛脚を遣わし、
「尼子勝久が本国を取り戻しに行きますので、元春・隆景をそちらの国で滅ぼしてください。
勝久は、元就・輝元を芸陽で討ち果たします」と談合していた。

今回また真木宗右衛門尉を豊後へと向かわせ、
「出雲一国を切り従え、残る月山冨田城も追い詰めています。きっと近いうちに落城するでしょう。
ですから元春・隆景に帰国させないようにしてください」と言い送ったが、
尼子の運が尽きたのか、真木はその途上で船が転覆して死んでしまった。

また吉田三郎左衛門を遣わして、美作の足田・市・三浦、備前の宇喜多へと、
味方をするようにと催促すると、皆尼子家に同意すると返事をしてきたので、勝久は非常に喜んだ。
これを聞いた出雲・伯耆の国人たちは、さらに勇んで付き従ったので、いや増しに兵の数が増えていった。


庄式部少輔合戦のこと

大友勢は、この永禄十二年の五月から立花の後詰をして三度も合戦に及んだが、
特に何が変わったわけでもなかった。
これを口惜しく思ったのか、同七月二日、豊後勢は古沢右馬允・姫嶋閑斉などの五千余騎が、
備中の国の住人、穂田の庄式部少輔元祐の陣へと、鬨をあげて切ってかかった。

元祐はなかなかの古つわものである。
「中国には私に勝てる者はいないだろう」と豪語するほどの者なので、
手勢の七百騎をひとまとめにして、ドッと切って出る。

寄せ手もしばらくは応戦して戦線を支えていたが、元祐はこれを難なく追い立て、
山の下までまくり落とす。
けれども敵は猛勢なので、押し返して山の上へと追い上げる。
追い上がれば追い落とす。
汗が滝のように流れ出てもなお四、五回も戦い、
ついに元祐は戦いに勝って鬨をあげ、陣中に入った。

敵が引いた後で、元春・隆景から、「今日の元祐の戦いぶりは、実に勇壮であった」と、再三称えられた。


以上、テキトー訳。

鹿ちゃんも騙されているばっかりじゃないんだぜ!
あれこれ手回しして味方もたくさん引き入れるし、大友と手を組んだりしちゃうんだぜ!
パーフェクト鹿ちゃん! ※馬鹿にしているわけではなく、なんとなく私の中で鹿のイメージが迷走中
ゲリラ戦仕掛けてくるだけじゃないから、手を焼くよなぁ、これは。
ぜひとも自分のところに引き込みたい元春の気持ちがじわじわとわかってくる……

大友との対陣の方も、なかなか大変だね。
この段階ではまだ立花城は落ちてないっぽいし。
元祐、カッコイイなぁ(*´∇`*)
7月だよ。夏真っ盛りだよ。暑さで死ねるよ!
そんななかで長時間の合戦……見物さえ参加したくないw

さぁて次章は。次々と国人衆が尼子に寝返るお話のようだよ。
タイトル見ただけで鬱だね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
訪問者数