--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-12

おざなりな因果応報

昨夜は久々に歴クラ仲間と酒飲んでしゃべり倒してましたー!
くそー! 楽しかった!!!
最近twitterは、特定の話題が苦手になってしまい、TLを読むのが苦痛で、
フォローを外してみたりRTを非表示にしてみたりいろいろやってみたけどやっぱりダメで、
別アカウントで完全独り言を続けているので、ホント話ができたのは久々だった(*´∇`*)
楽しかったですお(*;ω;*) また飲みに行きたいな。

てなわけで陰徳記、これまでのあらすじ:
陶隆房は主君大内義隆と仲違いし、大友や毛利などを味方につけて、
ついに義隆を滅ぼした。
しかし、隆房と義隆が仲違いしたそもそもの原因は、
杉・青景による心ない讒言が生み出したものだった。

前回の章の続きと、その直後のひどく短い章をお送りしまうす。



陶入道、杉重矩を討つこと(下)

こうして陶は、防長豊筑の大内家の諸侍を膝元に引き据えたかのようにして、
しばらくは山口に滞在し、思いのままに国政を執り行っていた。
そこに、「義隆卿・武任のお二人が陶を滅ぼそうとしたというのは、まったくの虚説だ。
ただ杉・青景が武任を憎んでいたのだ」という噂が立った。
陶入道もこのことを気にしていた。

武任が山口を逃げ出す際に、「私は陶尾張守の身上を讒言したことはまったくありません」と
七枚の起請文を書いて龍福寺の玉堂和尚に預けており、
玉堂和尚が山口を逃げ出すときには、それは香積寺へと送られていた。
義隆卿もまた山口から逃げる際に、「私は陶に誅罰を加えるつもりはまったくない」ということを、
これも起請文にしたためており、それは世間の浮説を弁解した十三ヶ条からなっていた。

陶全薑はこの書を見ると、「なんということだ。
義隆卿にも武任にもまったく過ちはなかったというのに、
私は杉・青景の讒言を信じ、主君を殺してしまった。
口惜しくてならない」と思った。

そこに、粟田入道静意・右田左近将監をはじめとして、
「杉・青景の讒言だというのは紛れもありません」と、度々陶に訴える人が出てきた。
陶入道もひどく後悔して、「では讒言をした者を討ち取って、
冥土にいらっしゃる義隆卿へと、私には罪がないことを申さねば」と考えた。

天文二十一年正月中旬、陶は自分が大将となり、三千余騎を率いて、

杉もなかなかのつわものなので、「陶が攻めてきたら、一矢報いてから腹を切ってやろう」
と覚悟して、家之子郎党を集め鏃を磨いて待ちかけていた。
主君を讒した天罰があたったのか、これまでの武勇とは打って変わって臆病風に吹かれ、
陶が山口を出たと聞くと、取るものもとりあえず自分の宿所を逃げ出し、
長門の国まで逃げていった。

それまで付き従ってきた家之子郎党たちは、
「このような臆病者を主と仰ぎ、無駄死にをするよりは、
命を永らえて出家した方がまだましだ」と考えて、一人またひとりと離れていった。
杉が長門の厚狭郡へと着いたときには、たった七、八人にまで人数が減っていた。

杉は仕方なく長興寺へと逃げ込んで籠もったが、陶が逃がすまじと追いかけてくる。
杉は最後の一戦をすることもできず、腹を十文字に掻き切って死んだ。
若党二人も同様に自害した。陶は杉の首を取ると、すぐに山口の後ろ川原で獄門にかけた。

紹閑は夜闇にまぎれて堺へと逃げ上り、また青景は義隆卿の怨霊に悩まされたのか、
やがて心乱れて気が狂ってしまい、苦痛に苛まれたまま足掻いて死んだ(弘治二年討死)。
こうして杉・青景の有様を見るにつけても、
きっとこの次は陶入道が滅ぶ番だと思わぬ者はいなかった。


備後の国、志川滝山城没落のこと

備後の国、外郡の志川滝山の敵城を攻めることとなり、
天文二十一年七月、元就様父子四人はその表に打って出た。
どう二十三日、毛利・吉川・小早川三家の兵たちが一気に攻め上っていく。
城中にも屈強な兵が籠もっていたので、身命を捨てて防ぎ戦った。
吉田勢の坂新五左衛門・遠藤左京亮などが傷を負った。
吉川勢もそこで十九人が矢傷・鑓傷を負ったが、
手負いや死人を踏み越えて攻め入ったので、たちまち乗り崩して敵を討ち果たした。


以上、テキトー訳。

隆房「なんてことだ! 杉にだまされて主君をころしてしまった!!!(棒)」
てことで、なんともモニョる話になってしまったね……
この展開がなければ、多少はいい話だったかもしれないのに。

次の章は、いくらなんでも短すぎないか?
何も特筆すべきことがなかったのかな?
その代わり、次の章がだいぶ長いみたいだけど。

明日はお休みだからゆっくり読むか(*´∇`*)
気持ちを切り替えて、久々に手紙もちゃんと読みたいな。
イイ手紙があったんですよ……!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。