FC2ブログ
2013-05-22

老父母と息子

昨夜は放置していた史料に目を通したり、
診断メーカーで遊んでいたりして、実に有意義な時間をまったり過ごしておりました。
あと最近、石高・貫高・現代の貨幣価値換算をざっくり知ったので、
毛利家・吉川家を企業として考えた場合の年商とか算出していたら、
時間があっという間に経ってしまったね。

一石=一貫=10万円程度、半公半民という風に考えて、単純に計算すると、
中国百万石の大名である輝元は、だいたい年商500億円のグループ企業総帥、
出雲ほか十万石を領する広家は、その子会社の年商50億円規模の会社社長、
ちなみに一万二千石の益田は自社のみで年商6億円くらいかな、とか。
広家の隠居料は5千石だから、年商2億5,000万くらいの中小企業程度の規模かな、とか。
現代の貨幣価値に換算しながら書状などを読んでいっても面白そうだよね。

それはどうでもいいとして、今回読んだのは、
広家から広正に妻の病状を伝える手紙でやんすよ↓


●吉川如券(広家)自筆書状(吉川家文書1320)

追って申す。内(広家継室、若林貞綱女)の気分は、
ここ二日ほどで次第に少しずつ快方に向かっている。
昨日また瘧が出て、日中は熱はそれほどなかったが、
食事が摂れなくて、夜に入って少し熱が出た。体中が苦しいと申していた。

これまでの様子は、先にも申したように、おそらく瘧であると思うところだ。
一日ごとに熱が出る。
常々病気持ちなので、休みの日であってもすっきりと快くはならない。
今は土用八専に暑気も加わっているから、疲れがたまっていたのではないかとのことだ。

素庵などが申すには、それほど熱気が強くなりそうな気配はないという。
食べないままに日が経てば病状が重くなって弱ってしまうだろうとのことだ。
一昨日は祈祷もした。
また少々まじないもした方がいいというので、
万徳院などに相談して、行えばいいとのことだ。

おまえが上方に上る件は聞いている。
一度帰ってきてから上方に出発すればいいと思うが、
越州(福原広俊)が病気でそちらを空けることができないとのことで、気の毒に思っている。
こちらのことは油断なく行うよ。恐々謹言

     六月十二日         如券(吉川広家)
          美濃殿(広正)参 御返事

なおなお、現在の病状は、震えの心に虫が大半のように見える。
虫と熱気を往来する加減の虫があるのだろう。
先述したように、どの医者も悪性ではないと申しているから、その点は安心してほしい。
いつであっても、脈などが少し違うようなことがあれば知らせるようにするから、
それまでは安心していてくれ。
薬はあと二日ほどは今のものがあるので、また変えてみたりもするかもしれない。
その点も気をつけているよ。
食事をしっかり摂らせるのが大事だということだ。
そのうちいい知らせができるだろう。かしく


以上、テキトー訳。

体調が悪い女房の様子を、独立した息子に詳しく書き送る親父(*´∇`*)イイワァ
こういうのを見ると、心があったかくなるのでうれしい。
広家は自分が病弱だからかわからないけど、
家臣や周囲の人たちの病気のこともすごく心配してるよね。
父や兄を看病して看取った経験も大きいのかもしれない。

奥さんが罹患した瘧というのは、今で言うマラリアのことみたいだね。
現代ではマラリアのもとになる原虫は熱帯・亜熱帯地域にしか生息していないみたいだけど、
この当時は日本にもいたんだろう。元就も罹患してたみたいだしな。
今では身近にない病気だけに、こうして症状が詳しく書かれてると、想像しやすいね。

ともあれ、家族仲睦まじいようで満足此事候♪ヾ(。・ω・。)ノ゙
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
訪問者数