--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-24

某先生「隆元に心の友といえる存在はいたのか?」

隆元シンポジウムで耳にした、この質問が心に引っかかってしょうがない。
秋山先生が答えた国司・佐藤といった面々はあまり記憶にない(というか全く調べてない)けれど、
いつだったか「萩藩閥閲録」目次で目にした、隆元の「大事のときの伽はおまえでなきゃ」という
見ただけで鼻から出血して階段から転がり落ちそうな書状を思い出した私……
「親子のように思っている」とも掻き口説かれてたような。
いいなぁ……あれ、相手は誰だっけ? ←ダメ人間

てわけで、手の届く範囲で調べてみた。
私が思い出した書状の相手、隆元の寵を集めた男の名は、兼重元宣。
まずは問題のお手紙を超テキトーに意訳。だって全体的に意味が拾いづらい……


●萩藩閥閲録 巻138 兼重勘左衛門(6) 「隆元公より弥三郎元宣への御書」

これは分けて申しておく。
昨日いろいろ話をしたけれども、その中で私が言った、
「本当にそなたのことだけを二人となく頼みにしている」という言葉を、
そなたはどのように考えているだろうか。
すべての政務は二人にかかっているが、
そのなかでも抜き出てそなた一人にかかっていると思うのだ。
二人と別に、私なりの考えもあって実現しないこともある。
そなた一人と私自身、この二人しかいないと申したのは、決して軽々く言ったのではない。
そこのところをよくよく汲んでもらいたい。


●同上(7) 「隆元公より弥三郎元宣への御書」

そなたへの私の気持ちは、本当に本文に書いたように、
親が子を思うように、しっかりと大事に思っている。
だからそなたも、子が親を思うように、私のことを考えてもらいたい。

一、私が何を言おうと、事によって少しでもそなたの考えと違うことを言えば、
そなたは「まったく筋道が違う」と考えて心を閉ざしてしまうようだ。
何があろうとも、私が生きているうちはそのようなことはない。
その時々に応じて、私に油断があるところを、「これは違いますよ」とはっきりと申してほしい。
そうした心構えでこれからも奉公してくれ。

あれこれと言ったところで、私へと無二に心をかけ、一緒に死のうと心に決めている人など、
そなた以外にはいないのだと、私だって内心はわかっている。
こうして申したが、もしそなたが信用できないというのならば、
牛王を翻して(起請文を書いて)でも申し聞かせようと思っているのだ。

さあさあ、これほどまでに私はそなたのことを思っているのだから、
ほんの少しでも、「隆元の言うことは筋目が違う」などとは、絶対に思わないでおくれ。
ちょっとした気の緩みで失言することなど、男女・親子・兄弟の間でもよくあることだ。
いちいちあげつらっても仕方あるまい。
どうか聞き分けてほしい。よろしく頼むよ。


●同上(8) 「隆元公より弥三郎元宣への御書」

重ね重ね、私の身に大事が降りかかったとき、
伽に連れてゆく人はそなたしかいないと心に決めている。
これほどまでにそなたのことを見込んでいるのだ。
だからどうか、何事も、どんな小さなことまでも知っておいてほしいのだ。
わかってくれ。


以上、テキトー訳。
読んでて思ったけど、おまいらデキてんのか!?
まったく元長といい隆元といい……好き好きオーラがダダ漏れですよ!!(赤面)
相変わらず知識不足のうえ脳が沸いてますねスンマセン。

上記の書状はは宛所や差出人名が記されていない手紙だけど、
他の書状には「もと宣へ、たか元」だとか「宣(元宣)、基(隆元)」だとか、
実名書の宛所・差出人署名があるんだよね。
どうもこの家中では、実名で呼ばれるのはトップクラスの十数人だけらしいという感触なので、
この元宣という人は、本文中にもあるけれど、ずいぶん信頼されてたというか重用されてたんだなぁ。
紹介した直前の隆元→元宣書状でも、
「身をはなさずそえ候てつかい申、頼入度候ての申事まて候」とか書いてあるし
宛所・差出人署名は「述(元宣)、元(隆元)」だしで、非常に親密な感じ。
実名の一部を省略するのは、兄弟間とか従弟間とか、
わりと親密な雰囲気の書状に見られるこの家の特徴だよね。
ただし立場が上の人から下の人への書状限定って感じだけど。
そんな書札礼考えてみるまでもなく、内容が親密すぎるけどなwww

まあそこで気になるのは、この「兼重元宣」てのはいったい何者だ、てところで。
『萩藩諸家系譜』をひも解いてみると、この兼重氏、なかなかに興味深い経歴。
というか、元宣の父である元鎮が、そもそも毛利豊元(元就の祖父)のご落胤。
ということは元鎮と元就とは、血縁上では叔父・甥の関係ってことだよね。
元鎮は妾腹だったので幼少期から大通院(寺)に預けられ、出家して浄閑と称すも、
成人して出家を嫌い、還俗してお隣吉川さんちの家臣である笠間氏に養子入り。
弥三郎、五郎兵衛尉、元鎮を称す。
元就の代になって吉田に呼び戻され、故郷の兼重の地を与えられたことから兼重氏を号す。
吉田郡山籠城戦で奮戦して重傷を負い、翌年十月に死去。嫡男の弥三郎元宣がその跡を継ぐ。
元宣は隆元に重用され、元就・隆元間の使者としても活躍したようで、
元就・隆元双方の書状に「兼弥(兼重弥三郎元宣)」の名前が散見される。
元宣は隆元死後も輝元に重用され、天正八年に七十二歳で死去した。元宣の子元続が跡を継ぐ。
1580年に72歳で死去ってことは、アレだ。えーっと、1509年生まれだ。よし。
隆元より14歳ほど年上だね。
上の書状は年代不明だけど、いったいいつのものなのか。気になる。
年上の寵臣に「頼入たく候」とか甘える隆元を想像すると、思わず顔がにやk(ry

しかし「毛利家文書」に収められている一通の隆元自筆書状を眺めてみると、
あれれ?と思うことが……
ちなみに宛所は「左太(桂左衛門大夫元忠)」となっているけれど、元就宛のもの。
前半は元宣に関係ないけど、ついでなので載せておこう。


●毛利隆元自筆書状(毛利家文書715)
(端裏切封ウハ書)
「この書状は返してください。言うまでもないですが。
           左太          たか元」

昨日申し上げたことについて、御返事をいただきました。
内孫(内藤孫八郎か)のことについて申し上げ、仰せ下された件については、承知いたしました。
あの土地は麻原の真木が坪のことでして、納所辻(納税の意味か)は五石の場所です。
この通りですので、さっそく給地しようと思います。
以前も申し上げましたが、あの者のことは、せめて他の者と釣り合うようにしてやりたく思っています。
今現在身近に召し使っている者のなかでは、
少しも心の隔てがなく、安定して奉公しております。
このままの調子で奉公を続けてくればいいと思いますが、そんなわけにもいかないでしょうから、
何かあるまでは、こちらでも相応の宛行をして召し使えばよいと思います。

一、今お伝えするようなことでもないのですが、ついでなので申しておきます。
与十(粟屋与十郎元種か)、佐藤(又右衛門か)、あの者などは、
私情に流されずに一筋にこちらのことを考えてくれています。
児弥十(児玉弥十郎?)は何とも無風流で、物知らずではありますが、
心底は私のことだけを一心に考えて奉公しています。
仲の良い友人や機嫌を取ろうとするような相手は全くおりません。
弟の左五(?)は、以前も申し上げたように、なかなかに気が利きますが、万能ではありません。
児蔵(児玉内蔵丞就方)には、私は直に相談しております。
就方の分別は、実に納得できるものです。異見するようにと言ってあります。

一、兼弥(兼重弥三郎元宣)についてはいつも相談しているように、何とも我慢なりません。
最近では幸いにも心安く召し使っておりますが、いかにも心が定まらないのです。
いいときは無二、一筋のように振る舞うのに、一方で何か気に入らないことがあると散々なもので、
ひらりと別人の方へ心を移して、私のことなど少しも気にかけません。
あれほど移ろいやすいものは他にないと思います。
どうにかして直させるようにしたいのですが、生心得で、どうしたらよいかわかりません。
こちらが気を付けるしかないかと思います。

恐惶、かしく


以上、テキトー訳。
近臣との人間関係というか人物評価を父親に訴える隆元さん……
こういうこと相談できるって、いいなぁ、この親子。
近臣にとってみれば、わりと気の抜けない職場だな、とも思うけれども。
そうそう、主題は兼重元宣だった。
元宣本人への手紙では、「二人となく思っている」とか「親子のように思っている」とか
散々掻き口説いてたくせに、父親には元宣の心の移ろいやすさを嘆く隆元さんェ……
それとも、心の移ろいやすさを直させるための手段が、あの口説き文句なのか。
どちらにしても、隆元が心の底から信頼して頼ってたわけじゃなさそうってことがわかって、
ちょっとしょんもうり(´・ω・`)

でも、ちょっと疑心暗鬼になったとしても、隆元の心の支えにはなってたと思うんだ、元宣。
「男女・親子・兄弟の間でもいろいろあるんだし」って、隆元本人が言ってるじゃん。
「自分の全部をわかってほしい、自分だけに心を傾けてほしい」って気持ちもわかるけど、
それは甘えたい相手、寄りかかりたい相手だからなんじゃないのかな! かな!!!
思い入れがあるから不満も出る、ということで。

というわけで、今回はこのへんで。
続きに、「兼重氏のここが気になる」をちょろっと。




毛利豊元の妾腹の子、兼重元鎮が吉川氏家臣笠間氏に養子入りした……というあたりで、
ついつい吉川関連に興味が流れそうになったわけだが。
系図を見てみると、この元鎮、なんと妻は市川経好の姉。
市川経好と言ったらアンタ、吉川興経を隠居に追い込んだ吉川経世の嫡男じゃないですかーやだー。
つまり元鎮は吉川氏親類衆の婿ってことで、しかも出身は妾腹ではあるけれども立派に毛利氏。
元春の吉川氏養子入りの過程に絡んでいても何ら不思議はないよね、という位置にいるよね。

そもそも吉川経世の子のうち、嫡男の経好が毛利氏に属して市川氏を名乗り山口に転封され、
次男の経高が今田氏を称して吉川氏の家職を継いだことを考えると、
興経排斥の功労者は特別に取り立てられ、毛利氏直属になったのかな、
などとぼんやり思っていたわけで。
元鎮の毛利氏復帰時期を確定できれば、興経排斥への関与も浮かんでくるんじゃないかな、なんて。

そしていつものDBで「笠間」を検索してみた結果、
天文十八年四月十五日付の青景隆著→僧玄龍策雲宛書状(吉川家文書606)で
「吉川殿、笠間、出羽(元倶)三名の続目の御判、並びに任官御推挙状が整いました」とか、
天文十九年九月六日付の陶隆房→吉川元春宛書状(同449)で
「笠間修理亮の跡を元春が領知する件について承知した。元就とよく相談するように」とか、
天文十九年九月七日付の元春宛隆元・元就連署状(同450)で
「笠間の知行のうち、吉木・都志見・戸谷について、これから知行するように」とあったり、
何やら怪しげな動きを感じる笠間関連。

この書簡だけを見てみると、笠間氏というのはもともと吉川家臣という扱いではなく、
小豪族の一つで吉川氏に属しており、
笠間氏に養子入りした元鎮が毛利氏に復帰したことで別の地を宛行われ、
笠間氏の領地が吉川氏に編入され家臣化された、と見た方がいいのかな、とも思う。
その後も笠間氏自体は後継者がいたようで、『陰徳記』にも名字が見て取れるので、
誰か適当な人物に笠間の領地を継がせて名字を続かせたのだろうか、という妄想がむくむくと。
今度岩国に行ったときにでも調べてみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。