FC2ブログ
2011-10-23

『陰徳記』 上巻 目次

下巻の目次はこちら

※リンクのない章は未読
※訳文は知識不足の人間が手がけているため信用度が低いので要注意
※原文は米原正義校訂『陰徳記』(マツノ書店、1996年)による



●巻第一
 1-1 恵林院殿、都落ちのこと
 1-2 恵林院殿、四国を従え防州に赴くこと
 1-3 恵林院殿、大内義興を頼みたまうこと
 1-4 義稙卿ご上洛のことにつき人麻呂塚合戦のこと
 1-5 東寺合戦のことにつき西国勢敗北のこと
 1-6 舟岡山合戦のことにつき義澄卿討たれたまうこと
 1-7 義稙卿、右大臣に成られること
 1-8 尼子伊予守、陰謀のこと


●巻第二
 2-1 大江元就朝臣、先祖のこと
  2-1-1 大江元就朝臣、先祖のこと(上)[2011-10-24]
  2-1-2 大江元就朝臣、先祖のこと(下)[2011-10-25]
 2-2 元就朝臣、元服につき本卦のこと[2011-10-26]
 2-3 唐人来たりて元就朝臣の人相を見ること[2011-10-27]
 2-4 武田検非違使元繁、芸陽に下向のこと
 2-5 武田、有田の城を取り囲むにつき吉川高橋同城を論ずこと
 2-6 志道広好、元就後詰を引くこと


●巻第三
 3-1 元就朝臣、武田勢と初度合戦のこと
 3-2 有田中井手合戦につき熊井(谷)元直討ち死にのこと
 3-3 有田合戦につき武田元繁討ち死にのこと
 3-4 香川己斐討ち死にのこと


●巻第四
 4-1 元繁御台、銀山に入りたまうこと
 4-2 上野民部、吉田に下向のこと
 4-3 両御所御和睦につき尼子経久安世城を攻めること
 4-4 尼子先祖のこと
 4-5 経久立身のこと
 4-6 経久、三沢に方便のこと


●巻第五
 5-1 大内義興下向のこと
 5-2 毛利備中守興元逝去のこと
 5-3 高橋大九郎討ち死にのこと
 5-4 青屋城攻めのこと
 5-5 安芸の国西条鏡山没落のこと
 5-6 幸松丸殿早世のことにつき元就朝臣毛利家家督のこと
 5-7 相合上総介殿謀反につき生害のこと
 5-8 桂広澄自害のこと
 5-9 大内銀山桜尾の両城取り巻きのことにつき次休蔵のこと


●巻第六
 6-1 根の坂の上合戦のこと
 6-2 武田光和合戦のこと
 6-3 尼子勢銀山後詰につき合戦のこと
 6-4 元就朝臣夜討ちのこと
 6-5 大内勢敗軍のこと
 6-6 義興、廿日市表敗軍のこと


●巻第七
 7-1 大内・龍蔵(造)寺、和睦のこと並びに義興石州発向のこと
 7-2 浜田合戦のこと
 7-3 尼子敗軍のことにつき義興逝去のこと並びに歌事
 7-4 大内先祖のこと
 7-5 元就朝臣上洛のこと
 7-6 熊谷兵庫助山中を討つこと
 7-7 武田・熊谷、半ば不和のこと


●巻第八
 8-1 経久と興久、不快のこと
 8-2 亀井、経久へ最後の暇乞いのこと
 8-3 佐田の城没落のこと
 8-4 塩冶末次の城合戦のこと
 8-5 塩冶備後へ落ちらるることにつき米原討ち死にのこと


●巻第九
 9-1 横川合戦のこと
 9-2 武田太郎判官光和逝去のこと
 9-3 武田衆評定のこと
 9-4 八木の小城を攻めることにつき武田衆分散のこと
 9-5 若狭の武田のこと


●巻第十
 10-1 塩冶宮内太輔興久自害のこと
 10-2 塩冶興久化け物を切ること
  10-2-1 塩冶興久化け物を切ること(上)[2011-09-30]
  10-2-2 塩冶興久化け物を切ること(下)[2011-10-01]
 10-3 備後国宮城合戦のこと
 10-4 備後国高之山の城降参のこと
 10-5 元就様、義隆卿と一味のこと
 10-6 尼子民部太輔晴久吉田発向の評定のこと
 10-7 伯州大山明神の御こと
 10-8 武田刑部少輔、晴久に頼むこと
 10-9 岩屋の城合戦のこと

●巻第十一
 11-1 晴久吉田発向のこと
 11-2 太郎丸ならびに池内、合戦につき湯原弥次郎討ち死にのこと
 11-3 遺分合戦のこと
 11-4 大田口合戦のこと
 11-5 風越山宮崎合戦のこと
 11-6 琢亜弥討ち死にのこと

●巻第十二
 12-1 山名蜂起により国久伯州へ越されること
 12-2 伯集橋津川合戦につき尼子兵部太輔討ち死にならびに武田山城守最後のこと
 12-3 南条吉田合戦のこと
 12-4 南条小鴨を討つこと
 12-5 土取場合戦のこと
 12-6 吉川高尾黒正、宮崎へ陣を寄せること

●巻第十三
 13-1 大内勢後詰のことにつき宮崎合戦のこと
 13-2 青三猪山合戦につき尼子下野守討ち死にのこと
 13-3 尼子民部大輔敗軍のこと
 13-4 佐藤銀山しろ並びに廿日市桜尾城没落のこと


●巻第十四
 14-1 大内太宰大弐義隆卿出雲へ発向会議のこと
 14-2 尼子経久逝去並びに義隆卿出雲発向のこと
 14-3 熊谷平蔵直続討ち死にのこと
 14-4 赤穴の城明退くこと
 14-5 冨田菅之谷蓮池合戦のこと
 14-6 金尾の洞光寺合戦のこと
 14-7 冨田川合戦のこと


●巻第十五
 15-1 備雲石の武士心替えのこと
 15-2 大内太宰大弐義隆卿敗軍のことにつき周防介最後のこと
 15-3 小早川正平討ち死にのこと
 15-4 河津民部左衛門尉討ち死にのこと


●巻第十六
 16-1 尼子晴久石州へ発向のこと
 16-2 尼子因幡へ発向のこと
 16-3 牛尾卯山合戦評定のこと
 16-4 備後の国府野合戦のこと
 16-5 尼子紀伊守父子三人、備作の城を攻めたまうこと


●巻第十七
 17-1 隆景朝臣、小早川家相続のこと[2013-02-24]
 17-2 吉川治部少輔興経、家老と不和のこと
  17-2-1 吉川治部少輔興経、家老と不和のこと(上)[2011-09-26]
  17-2-2 吉川治部少輔興経、家老と不和のこと(下)[2011-09-27]
 17-3 少輔次郎元春、熊谷信直息女と嫁娶りのこと[2011-09-25]
 17-4 少輔次郎元春、吉川家相続のこと[2011-09-28]
 17-5 備後国の神辺城合戦のこと[2013-02-26]
 17-6 元就様父子、山口に向かうこと[2011-09-04]
 17-7 内藤興盛、毛利隆元との婚礼が整うこと[2011-09-04]
 17-8 平賀・杉原合戦のこと[2013-02-27]
 17-9 右馬頭元就帰城につき深野入道未来識言のこと[2013-02-28]
 17-10 紹?数寄並びに観世宗摂閑寺小町の能のこと[2013-03-01]


●巻第十八
 18-1 義隆卿、諸道の淵源を究めること[2013-03-02]
 18-2 冷泉判官隆豊諫言のこと
  18-2-1 冷泉判官隆豊諫言のこと(上)[2013-03-03]
  18-2-2 冷泉判官隆豊諫言のこと(下)[2013-03-05]
 18-3 手島内蔵丞のこと[2013-03-07]
 18-4 興経弓馬の噂のこと[2013-03-08]
 18-5 興経最後のこと
  18-5-1 興経最後のこと(上)[2013-03-09]
  18-5-2 興経最後のこと(下)[2013-03-10]
 18-6 手嶋兄弟最後のこと[2013-03-11]


●巻第十九
 19-1 備後の国神辺の城没落、付けたり目黒最後のこと[2013-03-12]
 19-2 冷泉判官隆豊諫諍のこと
  19-2-1 冷泉判官隆豊諫諍のこと(上)[2013-03-13]
  19-2-2 冷泉判官隆豊諫諍のこと(下)[2013-03-16]
 19-3 陶・相良不快のこと
  19-3-1 陶・相良不快のこと(上)[2013-03-17]
  19-3-2 陶・相良不快のこと(下)[2013-03-19]
 19-4 久村玄蕃允誅せらること[2013-03-20]
 19-5 安芸の国厳島千句のこと[2013-03-21]


●巻第廿
 20-1 相良遠江守、山口を落ちること[2013-03-23]
 20-2 山口、物の怪のこと[2013-03-24]
 20-3 陶隆房、陰謀の評定のこと[2013-03-26]
 20-4 陶隠居、付けたり冷泉諫言のこと[2013-03-27]
 20-5 元就と隆房、一味のこと[2013-03-28]
 20-6 冷泉夜討ち会議のこと[2013-03-29]


●巻第廿一
 21-1 安芸の国頭崎の城明退くこと[2013-03-30]
 21-2 義隆卿、山口没落のこと
  21-2-1 義隆卿、山口没落のこと(上)[2013-03-31]
  21-2-2 義隆卿、山口没落のこと(下)[2013-04-01]
 21-3 義隆卿法泉寺に落つこと[2013-04-02]
 21-4 義隆卿難風に遭いたまうこと、並びに公家衆最後のこと[2013-04-03]
 21-5 義隆卿自害並びに大寧寺炎焼のこと[2013-04-05]
 21-6 三位中将・大内新介最後のこと[2013-04-07]
 21-7 安芸西条槌山の城没落のこと
  21-7-1 安芸西条槌山の城没落のこと(上)[2013-04-08]
  21-7-2 安芸西条槌山の城没落のこと(下)[2013-04-09]


●巻第廿二
 22-1 陶入道、杉重政を討つこと
  22-1-1 陶入道、杉重政を討つこと(上)[2013-04-10]
  22-1-2 陶入道、杉重政を討つこと(下)[2013-04-12]
 22-2 備後の国志川滝山没落のこと[2013-04-12]
 22-3 山口興廃のこと
  22-3-1 山口興廃のこと(上)[2013-04-13]
  22-3-2 山口興廃のこと(下)[2013-04-14]
 22-4 陶兵庫入道、嫡子次郎を殺すこと
 22-5 左京太夫山口入りのこと
 22-6 長州深川大寧寺のこと


●巻第廿三
 23-1 備後の国泉合戦のこと
 23-2 毛利・平賀座敷論並びに祝の城没落のこと
 23-3 三村、毛利家に属すこと並びに猿掛城合戦のこと
 23-4 三村・穂田重而合戦のこと


●巻第廿四
 24-1 尼子晴久、播州に働くことにつき高田合戦のこと
 24-2 浦上敗軍のこと並びに刀田太子堂合戦のこと
 24-3 井上一党誅戮のこと
 24-4 尼子晴久新宮党を殺すこと
 24-5 尼子吏部の子息両人生害のこと


●巻第廿五
 25-1 毛利・陶、手切れのこと
 25-2 吉見頼信、陶道麒と刺し違えること
 25-3 正頼吉見家相続のこと
 25-4 江良丹後守吉田へ来ること
 25-5 嘉年の城没落並びに陶津和野へ発向のこと
 25-6 元就朝臣神領へ打ち出したまうこと
 25-7 安芸の国銀山小城桜尾の城明退くこと
 25-8 宮川甲斐守芸陽に上ること
 25-9 安芸の国廿日市折敷畑合戦のこと
 25-10 神領明石合戦のこと


●巻第廿六
 26-1 石州長安の城明退くこと並びに大田懸の橋合戦のこと
 26-2 野間隆実降参のこと
 26-3 陶、吉見と和睦のこと
 26-4 元就朝臣佐西郡に討ち入りたまうこと
 26-5 江良丹後守、陶入道へ諫言のこと
 26-6 深野入道、陶へ異見のこと
 26-7 江良丹後守生害のこと
 26-8 三浦越中守仁保島合戦のこと(本文なし)


●巻第廿七
 27-1 元就、厳島の城を築きたまうこと
 27-2 三浦越中守、仁保島合戦のこと
 27-3 陶入道、厳島渡海の評定のこと


●巻第廿八
 28-1 陶尾張入道厳島へ押し渡られること
 28-2 陶入道、厳島の城を囲むこと並びに元就朝臣後詰のこと
 28-3 能嶋久留島、元就と一味のことにつき弘中三河守軍評定のこと
 28-4 厳島の城後詰の軍評定のこと


●巻第廿九
 29-1 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと
  29-1-1 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(1)[2011-09-07]
  29-1-2 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(2)[2011-09-08]
  29-1-3 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(3)[2011-09-09]
  29-1-4 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(4)[2011-09-10]
  29-1-5 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(5)[2011-09-11]
  29-1-6 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(6)[2011-09-11]
  29-1-7 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(7)[2011-09-12]
  29-1-8 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(8)[2011-09-13]
  29-1-9 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(9)[2011-09-14]
  29-1-10 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(10)[2011-09-15]
  29-1-11 毛利右馬頭元就、厳島へ攻め渡り同所で合戦のこと(11)[2011-09-16]
 29-2 弘中三河守父子竜の馬場に上ること
  29-2-1 弘中三河守父子竜の馬場に上ること(上)[2011-09-17]
  29-2-2 弘中三河守父子竜の馬場に上ること(下)[2011-09-19]

●巻第三十
 30-1 陶尾張入道全薑最後のこと
  30-1-1 陶尾張入道全薑最後のこと(上)[2011-09-19]
  30-1-2 陶尾張入道全薑最後のこと(中)[2011-09-20]
  30-1-3 陶尾張入道全薑最後のこと(下)[2011-09-20]
 30-2 弘中父子最後のこと[2011-09-21]
 30-3 重見因幡守自害のこと[2011-09-22]
 30-4 大和伊豆守誅せらること[2011-09-23]
 30-5 伊香賀民部のこと並びに元就朝臣父子四人帰陣のこと[2011-09-24]


●巻第三十一
 30-1 杉椙森(杜)、元就朝臣に属すこと
 30-2 陶五郎長房滅亡のこと
 30-3 永興寺開基のこと並びに大内家物語のこと
 30-4 伊賀路高山寺城没落のこと
 30-5 防州那珂の鞍懸の城没落のこと
 30-6 坂新五左衛門尉、須々万表物見のこと


●巻第三十二
 31-1 陶小次郎滅亡のこと
 31-2 杉・内藤合戦のこと
 31-3 山内隆通、元就に一味のこと
 31-4 元春石州へ発向のこと
 31-5 防州須々万城合戦のこと
 31-6 冨田若山明退くこと


●巻第三十三
 32-1 防州須々万の城没落のこと
 32-2 大内左京大夫、山口落ちのこと
 32-3 大内京兆最後のこと
 32-4 防長一揆蜂起のこと
 32-5 大友義鎮入道宗麟、母を殺したまうこと
 32-6 義鎮入道、叔父服部を殺したまうこと
 32-7 厳島万部之経のこと
 32-8 益田降参のこと


●巻第三十四
 34-1 杉原忠興死去のこと
 34-2 石州出羽合戦のこと
 34-3 播磨守盛重、杉原家相続のこと
 34-4 山県小七郎討ち死にのこと
 34-5 福田壇の上鑓争い並びに寺本河辺降参のこと
 34-6 小笠原館放火のこと
 34-7 吉川左京亮自害のこと
 34-8 石州温湯の城取り囲まれること
 34-9 尼子修理太夫晴久河上の城を責めたまうこと
 34-10 小笠原降参のこと


●巻第三十五
 35-1 福屋隆包、重冨党を殺すことにつき同女房戦死のこと
 35-2 穂田刑部少輔異見のこと
 35-3 福光の城合戦のこと
 35-4 中村の城没落のこと
 35-5 石州川上の松山の城没落のこと
 35-6 福屋、芸陽の新庄へ働きのこと
 35-7 福屋没落のこと
 35-8 隆包家人殺害のこと並びに稲光神主勇により助命のこと
 35-9 豊前の国門司関合戦のこと


●巻第三十六
 36-1 別府合戦のこと
 36-2 新原崩れのことにつき束賀高畠自害のこと
 36-3 石州銀山の山吹の城攻めのこと
 36-4 本庄、毛利家へ一味のことにつき本庄太郎兵衛尉冨田を退くこと
 36-5 晴久完道左馬助を絡めらること
 36-6 元就朝臣雲州へ押し入りたまうことにつき三沢・三刀屋・赤穴以下味方に属すこと
 36-7 米原平内兵衛尉降参のこと並びに南条行松完道多賀国入りのこと
 36-8 本庄本田合戦のこと
 36-9 本庄父子誅戮のこと


●巻第三十七
 37-1 雲州の国人心替えのこと
 37-2 尼子修理太夫晴久逝去のこと
 37-3 三刀屋八畦合戦のこと
 37-4 三刀屋地主峠合戦のこと
 37-5 隆元朝臣防州に赴きたまうこと[2011-10-05]
 27-6 豊前の国門司関合戦のこと(本文なし)
 37-7 大友・毛利和睦のこと[2011-10-06]
 37-8 毛利大膳太夫隆元逝去のこと
  37-8-1 毛利大膳太夫隆元逝去のこと(上)[2011-09-05]
  37-8-2 毛利大膳太夫隆元逝去のこと(下)[2011-09-06]
 37-9 出雲の国白鹿城を攻めること
 37-10 雲州熊野城鉄砲揃えのことにつき合戦のこと
 37-11 城鹿後詰のことにつき同城明け渡すこと

●巻第三十八
 38-1 元就朝臣、洗合に陣城を築かれること
 38-2 尼子勢、伊藤の城を攻めること
 38-3 尼子義久、重ねて伊藤の城を攻めたまうこと
 38-4 弓の浜夜討ちのこと
 38-5 野白の固屋を攻め破ること
 38-6 伯耆の国日野の不動嵩夜討ちのこと
 38-7 杉原播磨守伯州泉山城に入ることにつき弓の浜合戦のこと
 38-8 泉山合戦のこと


●巻第三十九
 39-1 輝元、元長出雲へ発向ならびに冨田麓合戦のこと[2011-10-02]
 39-2 冨田の城下三ヶ所における合戦のこと
  39-2-1 冨田の城下三ヶ所における合戦のこと(1)[2011-10-07]
  39-2-2 冨田の城下三ヶ所における合戦のこと(2)[2011-10-08]
  39-2-3 冨田の城下三ヶ所における合戦のこと(3)[2011-10-09]
  39-2-4 冨田の城下三ヶ所における合戦のこと(4)[2011-10-10]
 39-3 冨田退口合戦のこと[2011-10-11]
 39-4 伯耆の国江美の城没落のこと[2011-10-11]
 39-5 大江の城没落のこと[2011-10-12]
 39-6 冨田所々付城並びに山中鹿助夜討ちのこと
 39-7 元春・元長四位に叙せられること
 39-8 福山肥後守討ち死にのこと
 39-9 平野又右衛門自害のこと


●巻第四十
 40-1 熊谷新右衛門尉・原宗兵衛尉のこと
 40-2 山中鹿助・品川狼助合戦のこと
 40-3 三村家親のこと
 40-4 津ノ守入道自害のこと
 40-5 牛尾豊前守降参のこと
 40-6 尼子家の諸侍降参のこと
 40-7 卯山飛騨守生害のこと
 40-8 平賀中谷合戦のこと


●巻第四十一
 41-1 隆景・元春、霊夢につき冨田城和平のこと
  41-1-1 隆景・元春、霊夢につき冨田城和平のこと(上)[2011-10-13]
  41-1-2 隆景・元春、霊夢につき冨田城和平のこと(下)[2011-10-14]
 41-2 義久兄弟芸陽へ下向のこと
  41-2-1 義久兄弟芸陽へ下向のこと(上)[2011-10-15]
  41-2-2 義久兄弟芸陽へ下向のこと(下)[2011-10-16]
 41-3 元就朝臣輝元朝臣帰陣のこと[2011-10-17]
 41-4 観世宗摂能のこと
  41-4-1 観世宗摂能のこと(上)[2011-10-19]
  41-4-2 観世宗摂能のこと(下)[2011-10-20]
 41-5 赤川左京亮生害のこと[2011-10-18]
 41-6 伊与(予)の国所々合戦のこと[2011-10-22]
 41-7 和智・湯谷のこと[2011-10-23]
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問者数