FC2ブログ
2011-11-21

佐田を取り巻くアレコレ

前回のあらすじ:
兄を殺して杉原の家を自分のものにしようとしていた景盛は、
その陰謀に感づいた元長によって追い詰められようとしていた。
元長から景盛征伐を任されたのは香川兵部大輔・粟屋彦右衛門の二人。
さらに景盛の退路・援軍の進路をふさぐ人員も大規模に動員されてるぞ。
どうする、景盛!


杉原景盛、舎兄元盛を討つこと、景盛滅亡のこと(4)

さて、三沢摂津守為虎・三刀屋弾正左衛門久祐・その子の監物・羽根弾正忠・湯佐渡守・
牛尾大蔵左衛門・福頼藤兵衛尉・小谷刑部少輔・小森和泉守、そのほか毛利七郎兵衛尉元康、
出雲の国は冨田の城に詰めていた杉森少輔十郎元秋たちは、
かねてから取り決められていた通りに、小土産の山の普請も半ばに、警戒に余念がなかった。
「もしかしたら南条が軍勢を出して不意に決戦を挑もうとしてくるかもしれない。
その押さえとして、早々にお出ましあれ」との触れがあると、
元康・元秋はこの謀略の内容を知っているものの、
ほかの国人衆は皆、城の普請の人夫を出し、
そのうえ敵の押さえのために軍勢を率いて出ろと言われたのだと理解して、軍を率いてきた。

香川・粟屋は吉田肥前守の調略を済ますと、伯耆に駐留していた福原真俊・渡辺飛騨守にその報告を行った。

さて、諸軍勢が小土産の周辺に着くと、香川・粟屋は
「景盛を討ち果たすようにとの輝元の仰せである。
元長から、この二人が検使として遣わされた。
急ぎ佐田の城を取り囲み、攻め破ってほしい」と言い渡し、
同八月三日、寄せ手八千騎が佐田の城をクルリと取り巻いた。

ちょうどこのとき、杉森元秋と毛利元康は事情があって兄弟の仲が悪くなっていた。
今回も、「この元秋が兄なのだから、鬨の声は我が陣から上げよう」と言われた元康が
「軍門に兄弟の礼などないという。こちらの手勢から鬨頭を上げてやる」と争い、一触即発となっていた。
福原と渡辺が「無益な争いをしている場合ですか。
元長様から御名代として香川兵部大輔が遣わされているのです。
鬨頭も春継の陣から上げるのが筋でしょう」と諫めると、
この兄弟も、とりあえずこの二人の裁定に任せようということになり、
香川の陣から鬨頭を上げ、三回鬨の声を上げると、城中でも二千騎あまりがその発声に声を合わせた。

香川・粟屋は、景盛の手勢のなかで、宗徒の兵と言われている者たちに、
城を落としてくれば本領をまるごと安堵すると話してあった。
すぐに了承した兵たちは、石原助次郎・馬屋原孫兵衛尉・横道権允・中原弥介・中原市太夫・
新庄兵庫・丹比七郎兵衛尉・その弟の秋里主水正・内坂織部・大塚内蔵丞・
土肥内蔵丞・入江左衛門進などだった。
横道源介は「景盛はここ数年、自分に良くしてくれた。
今は籠の中の鳥のようになったとは言っても、最後に暇乞いをしなければ、
どうにも気持ちがおさまらない」と、しばらくそばに留まっていた。
しかし景盛は、味方がことごとく離反していったので、
横道源介もきっと的に味方して城に火でもかけるつもりだろうと邪推して、
「こちらに留まってくれ」と騙して殺してしまった。

香川兵部大輔春継は、佐田の城の攻め口には軍の掟を固く定めておき、
粟屋彦右衛門を残して、自分は吉田肥前・牛尾大蔵左衛門を連れて、尾高の城に向かった。
景盛から尾高を任された木梨中務少輔を取り囲み、使者を送る。
「景盛は悪逆非道にして兄の元盛の罪をでっち上げて殺した。
輝元に事の次第を申し上げ、元長から景盛を成敗するようにと、私たちが動員されている。
あなたについては、杉原家譜代の家之子郎党ではなく、備後の本国を諸事情によって後にし、
杉原を頼って仮に足を休めているに過ぎない。
であるから、今兜を脱いで降伏したとしても、年来の武名は少しも傷つかない。
不義の景盛に協力し、その身を滅ぼし命を失えば、後代までの名折れとなろう。
さあ、早く城を明け渡し、真っ当な将に仕えて、忠勤に励まれよ」と伝えると、
木梨は説得に応じて、同五日に城を空けて、捕虜となった。

河口刑部少輔久氏は、景盛にとっての姉婿だったが、こ
れも景盛のあくどい所業を心底憎んでいたところで、すぐに城を去って寄せ手に加勢した。
景盛は、「切に頼んでいた尾高の城の木梨は降伏してしまった。
また一方を防いでくれると頼っていた河口も、野心を抱いて敵に迎合してしまった。
これはどうしたことか」と、茫然自失して途方に暮れていたが、
さすが盛重の子と言うべきか、武勇だけは人より優れていた。
城中の兵を集めて、「これから十日間ほど持ち堪えよ。
南条兄弟・宮部善乗坊・本下備中守などに言い含め、援軍を送ってくれる手はずになっている。
今こうして元長から攻められているのは、以前から私が想定していたことだ。
南条と胸を合わせ、羽柴秀吉の内意もひそかにうかがっている。
秀吉も、一旦は和睦したとはいっても、長年矛楯を交えてきた遺恨を忘れてはいらっしゃらない。
この機会を見逃すものか。

中国に軍勢を差し向けたいと思われていたから、私に対して
『おまえが毛利家に対して恨みが山のようにあるのなら、謀反を企てよ。
そうなったら南条を先陣として伯耆口から攻め入ってやる』と、内々に密約を固めておいたのだ。
今に見ておれ。秀吉の出馬があれば、毛利家は滅亡するだろう。
毛利家が滅亡すれば、私も大身になるのは自明の理だ。
おまえたちにも所領を多く与えてやろう。
そうすれば、子孫は無窮の栄華を誇るだろう」と、舌が滑るに任せ、
ないことをさも本当のように言い立てて、
味方を鼓舞するために弓矢・鉄砲を隙間なく乱射すると、
たちまち三沢摂津守為虎の郎党、山崎与次郎という者を一人射伏せた。
これには城中の兵たちも矢間の板を挟んでどよめいた。


以上、テキトー訳。まだ続くよ。

この章長いわw 面白いけど。
ていうか元康と元秋、くだらねえ兄弟喧嘩してんじゃねーよw

なんか、今回はいっそ、景盛の嘘吐きっぷりに舌を巻くね。
よくもまあ、これだけないことないこと喋れるもんだ。
ていうか、実際この事件に秀吉が噛んでてもおかしくないと思ってしまうあたり、
私は元長によって滅ぼされるのは必定なのかもしれない。
うん、元長に殺されるなら後顧の憂いはないや。
でも贅沢を言えば経言の刀の錆びになりたい。

でもやっぱり口先だけじゃなくて日頃の行いとかが大事なんだね。
ぼろぼろと味方が抜け落ちていくのは寂しいというより恐ろしいよなぁ。
できれば味わいたくない気分だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
訪問者数