FC2ブログ
2011-11-24

天下人のパフォーマンス

秀吉との高松表での和睦、人質差出、四国征伐の後、
隆景と元長が秀吉に出仕したときの話。


元長・隆景、大坂へ上りたまうこと(上)

四国はほどなく静謐になったので、殿下秀吉公へ御目見えするようにとのことで、
吉川・小早川の両将は、同(天正十三年)十月初旬(十二月)に芸陽を出発し、
同中旬(十二月十九日)に泉州の国境の港に着いた。
隆景様は賢法寺、元長様は玉蓮寺(西条道場とも)を旅宿とした。

殿下はこれを聞き、同十八日(十九日)に蜂須賀彦右衛門・黒田官兵衛尉を上使として差し向けた。
「はるばるのご上国、本当にご苦労様でした。殿下は非常にお喜びです。
明日十九日(二十一日)に大坂に登城なされませ」と言われて、
元長と隆景は急ぎ上使に対面して上意をかしこまり承ると伝えた。

夜が白々と明け、両将が出仕の身支度を整えていると、
大坂から秀吉公の命令で送馬数百匹を引いて出迎えがあった。
殿下は諸大名に対して
「吉川・小早川は、わしに対して言葉では言い尽くせないほどの忠節を尽くしてくれている。
わしのことを自分のことのように大切に考えているならば、出迎えに罷り出でよ」と通達していた。
一昨年の経言・秀包の上国のときでさえ、殿下の馬廻りの諸侍がこぞって道に出て迎えている。
今回はさらに重鎮の元長・隆景の上国とあって、
大坂にいた大名・小名たちは皆、他に負けてなるものかと、
住吉天王寺・大坂の町・城の堀際まで思い思いに出迎えた。
道はすれ違えなくなるほど狭くなり、隆景・元長も馬から降りて挨拶をし、
その後登城して、すぐに殿下と対面した。

殿が言う。
「遠路はるばるのご上国、神妙の至りである。
一昨年の惟任日向守(明智光秀)謀反のときは、備中の高松において対陣し和睦したが、
信長公が光秀によって殺されたこと、両陣に知らせがあれば、
きっと盟約を破ってこの秀吉の跡を追って攻め上るだろうと思っていた。
しかし誓約を堅く守り、陣を払ってお帰りになった。
秀吉は無事惟任を責め滅ぼし、天下の権勢をこの掌中に握っただけでなく、
位階は従一位にまでなり、太政大臣、関白にまで出世した。
これも皆、両川が儀を金石のように守られ、約束を破らなかったおかげである。
この恩はとても返しつくせない。

輝元は中国八ヶ国の太守だから領地に不足はあるまい。
隆景には伊予を与えよう。
元長にも、今後領主に空きが出たら、どこなりとも宛がおう。
これからはこの秀吉に対し、疎遠になるでないぞ。

だが一つ残念なことがある。元春とは近年、所々で対陣してきた。
さっき言ったように高松で和睦が成ったのだから、
一度は対面してこれまでの戦について語り明かしたいと思っていたのに、
早々と隠居したといって上国しないのは、秀吉の意に沿わない気がする。

しかし来年は九州の逆徒を成敗しようというところなので、
元春に九州の戦の差配をひとえに任せたく思う。
わしも出馬するから、筑紫で対面し、山ほど積もった戦の話を語り明かして、
胸のモヤを散らそうではないか」

隆景・元長はただ平伏していた。

この後、珍味寡肴を集め、美々しく飾り立て滋養に良いものを尽くした饗膳が振舞われた。
その後、六畳敷きの構の柱・鴨居・天井・敷居に至るまですべて黄金を凝らした部屋でお茶が供された。
茶入・釜・茶碗・茶杓まで、すべて黄金を張り巡らしており、
その華やかさは、三寸ばかりの舌先ではとても言い表せないものだった。
しかし「茅茨剪らず采椽削らず」というような質素なさまとは雲泥の差があるように思えた。

さて、茶席もお開きになると、殿下は「お二人に天守を見物してもらおう。この秀吉が案内しよう」と言って、
蜂須賀出羽守一人に太刀を持たせ、元長・隆景を引き連れてあれこれと見せていった。
「滅多にないことだから供奉の侍たちにも見物させよう」と言い出して、
二人の手勢百四、五十人を天守に呼び寄せて披露した。
実に噂だけは知っている阿房殿、唐の驪山宮などというものも、
ここの豪華さには及ぶまいと、皆呆然としていた。

つい先日までは敵と味方に分かれ、楯を突き矛を交え、あちこちで攻め戦った兵たちを、
何の用心もなく、主従二人だけが敵数百人の中に混じって、
「ここを見よ、あそこを見よ」と指をさし、頭を廻している。
この態度は、人を虫けらのように思っているのとはまた違って見えた。
これほど大胆不敵でもなければ、草を刈り薪を担いでいた農夫の身で
従一位の関白に出世することもなかっただろう。

まさしく殿下は智勇が古今に傑出した名将だとはいっても、
仁と儀と礼については夢にも知らない人だ。
過去にどんな善因があって、これほどの栄華を誇ったのだろうか。
秦の始皇帝は六国を滅ぼし漢陽宮を造り、聖賢の書を焼いたこと、
平相国(清盛)が朝的を攻め滅ぼして、都を福原に遷し、公卿の官職を奪った故事によく似ている。
始皇帝・平相国は子孫が続いて天下を保つことがなかった。
秀吉公も、たとえその身一代はこの上ない栄華を誇ろうとも、仁政徳化を施さなければ、
子孫が無窮の栄華を極められないだろう。
始皇帝は胡亥に至って滅び、清盛は宗盛の代で滅亡した。
殿下もその二の舞になるだろう。御子の代は危ないぞ、と人々は言い合った。


以上、テキトー訳。続く。

ヤラしいなさすが秀吉ヤラしい。
「え~、元春くん来ないのォ? せっかくわしが勝った戦のこと語り明かそうと思ってたのにプププ」
みたいな感じか。
元春の電撃隠居はもったいないと思ってたが、
こんな禿鼠の膝元に這い蹲らなきゃいけないなら、家督譲ってよろしい!
むしろ出家しちゃえYO!って思ったわ。

あと、わざわざ供奉の衆にも天守を見学させるのもヤラしい。
なんていうか、人を食ったようなというか呑んだようなというか、
できればこういう言葉は使いたくないけどつまり余裕ぶっこいてるところがマジむかつく^^

ええ、完全に吉川目線ですが何か。
とはいえ、以前より秀吉のこと好きになってるのが不思議だな。
宇喜多母との章が同情せずにはいられなかったもんな……(遠い目)

大切な経家の仇と対面した元長はどんな気持ちだったか、待て次回。
てか明日更新できるかな? 夜中まで会議だ><。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
訪問者数